「ほっ」と。キャンペーン

ゴキブリンゾンビの解説?

前にもしたような気もするけど^^;

まず、質問にもあった終末2グレファー1

から。

グレファーが1の理由は特にないです。

うまくかみ合えばいいなーと思ってるだけです笑

序盤はまずネクロガードナーを2体以上墓地に送ることを優先する。

余裕があればゾンビキャリアやヴァーユを送る。

おろかな埋葬はGのために(相手のデッキによるが)

落とすカードが全部墓地に落ちていたならデッキ圧縮をしておく(いらない終末やゴブゾンを落としておく)

3枚ある異次元埋葬がキーカード。

こいつがアドの核を担う。

異次元埋葬あってネクガ2つ以上あれば温存しないで無駄遣いしても全然かまわない。

ネクガで守って ガイウス投げる

ゲイルをネクガで守って返しで半分にして殴る。

ネクガコンボはたくさんあります。



次に重要なのがアド損しない場を作るのを心がけること。

相手のアーカナイトやブラロが鬼畜性能なんで

それに割られて返しが弱くならないように 場に出すモンスターは極力アド損しないカード。

ゴブゾン+ゲイル などで攻める。 決して無駄にシンクロする必要はない。(もちろん場面による)

相手のハンドと自分のハンドの差ができるだけつかないように立ち回る。

もちろんベルンハンデスやでかいダメージはネクガで全部止める。

そういうことをしていくうちに墓地もまた完全な状態になる。(ネクガ3ゴキブリキャリアメズキみたいな状態が理想)

長く守ってるうちに相手は息切れしてくる。Gとネクガのせいで相手に複雑なプレイングを課することができ、ミスを誘える。

相手によく言われるのが「複雑すぎてわからなくなる」ってことなんで相手からしたらかなりだるいみたい^^;

ようは「持久戦」に持ち込むデッキです。

ダストやウイルスでハンド見れて相手が弱いようであればダメージ優先で動いても構いません。

一見簡単そうに見えますが、デッキを動かすのに状況判断のスキルが問われると思います。

でも受けて返して相手が球切れになったところで攻めて倒すのは病みつきになりますw


シロッコとヴァーユについて

抜くか迷ったんですが

入れてて損はなかったんで入れました。

シロッコゲイルで8になれる。

2000打点 

誘惑で除外する候補

としてシロッコはなかなかの活躍をしてくれています。

ヴァーユは800打点

死デッキのコスト

ハンドに温存でグレファー引いた時グレファーのコスト

とそれなりの働きをしてくれます。

ライフが少ない状況で突如墓地から出てくるアームズウイングも強いですしね。



デッキ枚数について

44枚多くないですか?っていわれますが

実際終末おろ埋とかでどんどん圧縮されていくんであんまり関係ないかなーって思ってます。

微々たるものですがネクガ引く確率下げれますし。

スリムアップできるならしたいんですが、どれも活躍しているんですよね^^;
[PR]
by taiti-yugi | 2009-04-26 23:28 | その他