<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0152814_18344623.jpg生年月日
5月28日生まれ 18歳
出身国
U.S.A.
主な実績
地方予選 400人中4位(剣闘獣)
地方予選 400人中32位(植物シンクロ)

Youtube
You-gee-oh~












Q1. 「現在の使用デッキ」
植物天狗魔轟神・ハイビート
Q2「好きなカードは?」
カードブロッカー 収縮 銀幕のミラーウォール
Q3「好きなプレイヤーは?」
ビリーブレイク
Q4「宝物ってある??」
友達やファンからもらったカードが宝物よ。カードブロッカー、Spellstone Sorcerror Karood、日本語のブラックマジシャンガールね!
Q5「遊戯王をすること以外に好きなことってある?」
テレビゲームが大好きなの。ストリートファイターやキングオブファイターズのような格闘ゲームが好き!あとはアニメを見ることも好きよ。
Q6「遊戯王で手に入れた中で一番偉大だと思うものは?」
名誉ね。他の女性プレイヤーが私を尊敬してくれていることはとても嬉しいわ。彼女らが大会などに出るのに、私の姿を見て勇気を出してくれていることはすごく偉大なことだわ。
Q7「遊戯王をやっていてよかったなーと感じる時はどんな時?」
新しい「出会い」があったときね。私は小さな町に住んでいるから、同じ趣味を持った仲間と出会えることは私にとってすごく魅力的なことなの。
Q8「試合前に心がけていることってある?」
私は「カルマ」を信じているわ。だから、対戦相手にはフレンドリーに、そして親切にするようにしている。必ず試合を始める前に名前を聞いて握手をする。お互いにリラックスしてゲームを楽しまなきゃね!
Q9「OCGとTCGについて意見を聞かせてもらえるかな?」
私はOCGをプレイしたことないから応えるには難しい質問ね。OCGは「優先権」が無くなったけど、マスターヒュペリオンやダムド、ソーサラーといった環境を支配するカードが弱体化するのはいいことね!
Q10「OCGのカードの中で気になってるカードってある?」
ダイガスタフェニックスに興味があるわ。カエルとシーランサーデッキに入れたいわね!
Q11「日本のプレイヤーに一言!」
TCGとOCGは制限リストを共有しているけど全く違うものだわ。TCGはツアーガイドと天狗のゲームよ!OCGのデッキを組むのは面白いから好き。いつかそんなOCGをしているプレイヤーさんに会ってみたいわ!

今回は女性プレイヤーにインタビューをしてみました!

海外の大会に行くと、日本よりも多くの女性プレイヤーが楽しそうに大会に参加しているのをよく見かけます。

Jackieもその一人で、youtubeなどでの活動も積極的にやっているとても明るい子です。

デュエルが強いだけでなく、誰にでも親切なので、彼女にはファンがいっぱいいます。

女性ファンだけにとどまらず、男性からも人気があるのはすごいことです!

youtubeで彼女に質問等することができるので、日本の皆さんも絡んで行ってもらえれば

とても喜んでくれると思います。

最後に三つのSpecial Questionをしてみました!

Special Question1「いつ遊戯王を始めたの?」
一番最初に遊戯王を始めたときは小学校低学年の時だったわ。そして高学年になって一度やめた。復帰したのは、引っ越しをしてその作業の時に昔遊んでいたカード達に再び出会ったときね!その次の週にSJCサンフランシスコがあって、そこで見た光景は私を再び遊戯王の世界に引き入れたの!
Special Question2「一か月にいくらくらい遊戯王にお金を使う?」
普段はほとんどお金を使わないわ。大会のエントリーフィーの5ドルくらいね。もし何かが欲しくなったらオンラインカードショップで買うの。それでも一回に30ドルくらいしか使わないわね。
Special Question3「最初に大会に行くとき、怖くなかった?」
そんなに恐れはなかったわ。一番最初の地方予選では、多くのプレイヤーが彼氏彼女と来ているんだろうなと思っていた。そんな風に考えていたから、大会に足を運ぶのには物怖じしなかったわ。
[PR]
by taiti-yugi | 2012-01-28 18:19 | インタビュー
f0152814_16463156.jpg生年月日
1990年7月15日生まれ 21歳
出身国
アメリカ テキサス州
主な実績
YCSトロント優勝
(植物シンクロ)
YCSコロンバス優勝
(植物シンクロ)









Q1. 「現在の使用デッキ」
インゼクターをテストしてるよ。
Q2「好きなカードは?」
Xセイバーエアベルン、スケープゴート、ダストシュートの3枚だね!
Q3「好きなプレイヤーは?」
僕が好きなプレイヤーはたくさんいるよ。でもみんな友達だから、特定の誰かを選ぶことはできないね。
Q4「宝物ってある??」
SJC賞品のデス・ヴォルストガルフだよ。
Q5「遊戯王をすること以外に好きなことってある?」
彼女と一緒にいること!
Q6「遊戯王で手に入れた中で一番偉大だと思うものは?」
これはダントツで友達。このゲームを通して世界中のいろんな人に出会ったよ。彼らは皆、僕にとってとても重要な存在さ。
Q7「遊戯王をやっていてエクスタシーを感じる時はどんな時?」
相手のやろうとしてることを読んで、それを自分がコントロールする。
そして勝利した瞬間の喜びは別格だね。
Q8大会前に心がけていることってある?
大会の前日は睡眠をちゃんととるようにしているよ。
Q9「OCGとTCGについて意見を聞かせてもらえるかな?」
僕はOCGをプレイしたことないから、残念ながら細かくコメントはできない。
でも、TCGとOCGは実際かなりかけ離れたゲームであって、比較できるような者ではないと思うんだ。
Q10「OCGのカードの中で気になってるカードってある?」
ラヴァルのカードだね!!すごく強力で魅力的だよ。
Q11「日本のプレイヤーに一言!」
日本の遊戯王にはいつもクレイジーなデッキと素晴らしいスリーブがあるね!今年の世界大会に出場して、日本のみんなに会えるのを楽しみにしてるよ!


Special Question 「YCSみたいな大きな大会で優勝するために一番大事なことってなんだと思う!?」
辛抱強くゲームをプレイすることさ。どんな状況でもサレンダーせず、ゲームを続けることが大事だと思うよ。絶対にチャンスはめぐってくる。だから最後まで諦めないことが一番大切だよ!


日本でビリーを紹介するにあたって、このコピペは外すことができないでしょう。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
・YCSベスト32に11度という実績持ち、本気を出したらついYCS連覇してしまった
・得意技はドロー、先行2ターン目までに5ドローと1サーチしたところで対戦相手は投了したことも(通常ドローは除く)
・ライブラリアンさえどうにかすればと思ったJustin Delhoは地砕きを発動したが、ライブラリアンの代わりにゴーズが死んでいた
・クリッターでサーチするのは当然増殖するG、増殖するGで増殖するGを引く
・手札を減らしたくないためか相手のダストシュートを感知し、優先権サイクロンで手札を3枚に保ったことも
・手札が増殖するGとスポーアしかなくても増殖するGで貪欲を引いてくる、しかも次のドローが増殖するG。当然勝つ
・相手が貪欲な壺を打ったら打ち返す
・増殖するGを打たれても3枚ぐらい相手に引かせ、自分が使えば増殖するGを使えば5枚引いて勝ってしまう
・ライオウは愛人、7試合中5試合初手にいるのは基本。愛が強すぎて逆に相手の場に現れたりする
・手札にReborn Tenguが三枚いるのは事故ではない、もちろん勝つ
・墓地に闇属性がいなくてもバルブを特殊召喚すればデッキから闇属性が墓地に落ちる
・代行天使がオネストを回収してクリスティアを特殊召喚しても、返しのターンでゲームを決める、しかも手札のシャイニングアブソーブは温存
・シンクロのし過ぎで1ターン目に貪欲を発動するのは当たり前、フィールドのReborn Tenguがすでに3枚目なことも
・ミスプレイはトップデッキで解決
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


こんな文章ができるくらいすごいビリーなんですが、実はずっと遊戯王を続けていて、何度も

上位に残るものの、大きな大会ではずっと優勝がなかったんです。

仲間内でも毎回上位で散るたびにいじられていました。

しかし、去年のトロントでの念願の優勝をきっかけに、まさかのコロンバスでのYCS二連覇!

USA遊戯王界での苦労人は、一つの勝利をもとに、一気にアメリカ最強の地位まで上り詰めました。

素晴らしいシンデレラストーリーですね。

今やスポンサーもつき、毎日記事を書いたりと大忙しのようです。

このインタビューも時間がない中で受けてくれました。

時間のない中で、ファンサービスを怠らない姿も素敵ですね。

前回ロサンゼルスで会った時も、今年は代表になって日本のプレイヤーに会いたいと言っていたので、
今年こそは世界大会に出場して、世界大会で大暴れしてくれるように願いたいですね。
[PR]
by taiti-yugi | 2012-01-14 16:53 | インタビュー
f0152814_1147946.jpg生年月日
1993年3月26日生まれ 18歳
出身国
シンガポール
主な実績
2009年世界大会優勝
(BF)
2009年シンガポール選考会優勝
(BF)
2008年シンガポール選考会4位
(ライトロードマスドラ1キル)



Q1. 現在の使用デッキ
代行天使・インゼクター・ジャンクドッペル
Q2「好きなカードは?」
モンスターならグランモール、魔法ならもちろん大嵐!罠は神の宣告だね。
Q3「好きなプレイヤーは?」
She Wei Haoという台湾のプレイヤーだね。世界大会で3度もベスト8に入っているんだ!
Q4「宝物ってある??」
2009年の世界大会優勝のトロフィーだね。
Q5「遊戯王をすること以外に好きなことってある?」
テニスとバスケットボール。ナイトクラブで遊ぶこと!
Q6「遊戯王で手に入れた中で一番偉大だと思うものは?」
2009年の栄光だね。
Q7「遊戯王をやっていた中でよかった思い出は?」
引きがすごく強くて勝てたとき、自分の戦術通りにゲームが進んだ時かな!
Q8「遊戯王強くなりたい!」そんな人にアドバイスを!
すべての環境上のデッキと対戦すること、自分のプレイスタイルに合ったデッキを見つけること、サイドデッキをすべてのデッキに合わせられるように構築すること。そして嫌になるほど練習することだね!笑
Q9「OCGとTCGについて意見を聞かせてもらえるかな?」
どちらも長点、欠点があると思う。
Q10「OCGのカードの中で気になってるカードってある?」
日本のBE2に入ってる、ハート背景のリリーが好き!
Q11「日本のプレイヤーに一言!」
自分が成功するということをいつも信じるんだ。
もし君の調整が正解だったならば、チートに頼ることなく、素晴らしい結果を残せると思うよ!



2009年、猫一強と言われていた環境で見事BFで世界大会を優勝したBenjamin

会場が日本でしたので、日本のプレイヤーでも彼を知る者は少なくないと思います。

彼はとても誠実で、真っ直ぐ努力をするプレイヤーです。

Q11の答えにもあるように、チートがすごく嫌いで、そういうことを耳にするたびに

ショックを受けています。

プレイスキルだけでなく、そういう部分でも、彼もまた世界王者にふさわしい器なのかなと思いました。

そんな彼に現在のシンガポールの遊戯王事情をきいてみました!

Special Question1「日本ではたくさんの公認、非公認大会があるけど、シンガポールはどんな環境で遊戯王をしているの?」
シンガポールでは週に2~3のの非公式大会があって、大体どれも20人前後が参加しているよ。どれも参加費は大体600円くらいだね。大会の賞品は、8枚のカードがお店側によって用意されていて、順位の高いものから順番に選んでいくんだ。
お店ががんばって大会をして盛り上げてくれているよ!

Special Question2「同じOCG圏だけど、シンガポールのカードプールってどうなってるの?」
公式大会だと、OCGのカードしか使えない。そして本やDT付属などのプロモカードは一切使えないよ。だから僕らの選考会にはゴーズやライオウが存在しないんだ。
逆に非公式の大会だと、OCG、TCGどちらのカードも使える。
だから普段の大会では、いきなりツアーガイドが召喚されてアシッドゴーレムが出てきたりするんだ笑
ただ、シンガポールで手に入らない米版のカードやDTのカードを持っている人がすごく少ない。そういうカードは、シンガポールに少しだけしか入ってこないから、お金があっても手に入れる方法がほとんどないんだ。

Special Question3「シンガポールから代表になるにはどうやってなるの?」
シンガポールでは、年に二回大きな公式大会があるんだ。
一つはアジアチャンピオンシップでもう一つは選考会。
選考会で、世界大会の代表を決めるんだ。
参加者は130人くらいだね。
大会では、5回戦スイスの後にベスト8がトーナメントをして、優勝者のみが世界大会に行く権利を手にする。とても狭き門なんだ。

Special Question4「シンガポールのプレイヤー層ってどんな感じ?」
基本的にほとんどが昔から続けている人で、そういう人はみんな毎週大会に出て続けているよ。 だけど、これから遊戯王を始める!って人はなかなかいないのが現状なんだ。



シンガポールの遊戯王事情、日本よりもかなり複雑ですね。

普段の大会ではTCGOCGすべてのカードが使えるのに、公式大会ではOCGプールの中で

DTやプロモは使用禁止という大きな制約が設けられています。

普段の大会と選考会はほとんど別の環境になってそうですね。

遊戯王をする環境は違えど、日本もシンガポールも世界王者を生んでいる国です。

同じアジア圏の中で、これからも一緒に切磋琢磨していきたいですね!
[PR]
by taiti-yugi | 2012-01-07 11:54 | インタビュー