f0152814_1463724.jpg生年月日
1985年8月29日生まれ 
26歳
出身国
アメリカ合衆国
主な実績
第100回YCS LongBeach 優勝
(暗黒界)
第75回YCS Edison ベスト32
(BF)
Regional Anaheim 優勝
(緊テレダムド)




Q1. 「現在の使用デッキ」
暗黒界、ラギア、インゼクター
Q2「好きなカードは?」
モンスター:ブラックマジシャンガール・混沌の黒魔術師
魔法:大逆転クイズ
罠:無謀な欲張り
Q3「好きなプレイヤーは?」
弟のMarc Balanさ!
Q4「どれくらいの頻度で遊戯王してる?」
週に何回かのDNでの対戦するのと週末の3回の大会に出てたよ!今は仕事で忙しくて、選考会予選とYCSに出るのだけで精一杯さ。
Q5「遊戯王をすること以外に好きなことってある?」
ラスベガスでポーカーをして遊ぶのとCall of Duty,Haloっていうテレビゲームをやるのが好きなんだ。
Q6「遊戯王をやっていてよかったなーと感じる時はどんな時?」
大きな大会でのスリルと、遊戯王で新しい友達と出会うことはとても素晴らしい刺激だよ!
Q7「OCGとTCGについて意見を聞かせてもらえるかな?」
OCGは遊んだことないけど、同じカードプール、同じルールで世界統一すべきだと思うよ!OCGがツアーガイドを使えないのも、TCGから優先権が消えないのにも違和感を感じるよ。
Q8「日本のプレイヤーに一言!」
日本のみんなこんにちは!僕の暗黒界を気に入ってくれたかな?今年の世界大会で会えるのを楽しみにしているよ!



今回のインタビューは総勢4300人を超えるデュエリストの中から見事栄冠を勝ち取ったBalan!

遊戯王だけでなく、カードゲーム業界全体で世界記録となる大会で優勝したのは

なんと26歳のデュエリストでした!

仕事を持ちながら、時間がないにもかかわらず独自の構築で優勝したのは流石としかいいようがないです。

そんなBalanに今回の暗黒界について聞いてみました!

Special Question1「なぜ今回のYCSで暗黒界を選んだの?」
暗黒界のストラクチャーが出てからずっと暗黒界を使っていたんだけど、SanDiegoの選考会予選で8-1をしてすごく調子が良かったんだ。YCSでは7回も得意なラギアにあたってラッキーだったよ。
暗黒界はスピードもあるしパワーカードもいくつかある。相手の手札を見ることもできるんだ。スキルドレインと魔のデッキ破壊ウイルスを積めることも大きいね!

Special Question2「Balanの構築は独創的だね!どういう風なポイントに気を付けてデッキを作ったの?」
僕の構築は速度を重視していて、暗黒界のやりたいことができるような構築にしてあるよ。サイドデッキは相手が暗黒界に対して入れてくるものに対してのメタを想定したよ。
墓穴の道連れ、スターライトロード、スキルドレインがすごく役に立ったね!

Special Question3「このデッキを使うにおいて、これが俺流だ!っていうのがあったら教えて!」
構築でいうとサイドデッキのジェルエンデュオかな。プレイングの面でいうと、大事な局面が来るまでは淡々としたプレイを心がける。大事な局面が来たら、一気に相手が巻き返せないくらいの攻撃を加えるんだ。僕は相手プレイヤーにある程度好きなプレイをさせて、そこから逆転するというプレイスタイルが好きなんだ。
[PR]
# by taiti-yugi | 2012-04-12 14:12 | インタビュー

YCSレポート

旅行記 
1日目
木曜日 夜
伊丹空港から羽田空港へ
何故かチケットがエコノミー→プレミアムエコノミーにアップグレードされる。

羽田空港で鉄蟹さんと落ち合い、深夜のLA行便へ
飛行機の中は興奮しすぎて寝れなくて、映画2本見て一人ではしゃいでました!笑


2日目
現地の木曜日夜
LA空港着。
Ryan Newburnの家族が空港まで迎えに来てくれる。
後部座席に4人座って超ぎゅうぎゅうの車で1時間ほどドライブして、RyanのいとこのKristinaのバイト先の
レストランへ。
丁度アメリカの大学バスケのシーズンで、それを放映するモニターがいくつもありスポーツバーみたいな雰囲気なレストランでした。
Kristinaとは二年ぶりの再会で、当時彼女は女子高生。二年たってかなり大人の女の子になってました!
写真はKristinaとRyanのお母さんのDabbie!
f0152814_21503560.jpg


食後、ホテルへ行き先についていたA1ブロッカーに合流。
ホテルには既にヨーロッパからの遠征組が多数来ていました。
有名どころでいうと2010年世界王者のGalleleo,2011年ヨーロッパ代表のLukeなどなど。
彼らと挨拶をしつつインゼクターとゼンマイを軽く調整。
その日は疲れていたので就寝。

3日目
f0152814_21574331.jpg

現地の金曜日
この日は朝からLAライフを満喫するためにショッピングモールへ!
持ってきた服装が日本人っぽすぎたので、アメリカ人になりきるためにRyanとショッピング。
結果、サングラスからズボンまで一式買って見事アメリカ人になりきることに成功!(したはず。。。苦笑)
その後、ツイキャスをしながらハンバーガーを食べ、先行受付へ。
会場に入ると人人人!
YCSはいつもこんな感じですが、今回は会場の外にはみ出るくらい人が並んでました。
ビビりましたw
会場を歩いているとBilly BlakeやRyan Spicerに遭遇。
写真はBilly!
f0152814_2151333.jpg


無事みんな受付を終わり、ここからはガチ調整会。
世界のプレイヤーを交え、様々なデッキとマッチング。
結局一睡もせず、インゼクターに決定。


4日目
f0152814_215132100.jpg

現地の土曜日
9時集合なので9時に会場に行くと、またもや人だかり。
当日受付の列も会場の外まで出ていて、中は熱気でむんむんしていました。
コナミの予想を遥かに超えた参加人数に、元あった会場も倍の広さに!
結局10時開始なのに3時間も遅れて1時から開会式に。
参加者の中から10人、「BOUNTY」プレイヤーが選ばれるのですが、見事それに呼ばれて開会式で紹介されました!
他には先日インタビューしたJackieやGalleleoなど錚々たる面子が選ばれており、場違い感が半端なかったですが
コナミが僕を選んでくれたことは非常に名誉なことだと思いました。
そこから一回戦がスタート


以下レポート
一回戦:ストラクチャーデッキ
○○

二回戦:ラギア
○○

三回戦:BYE

四回戦:ラギア
×○×
相手場伏せ2 ラギアスノーマンドルッカ全部素材なし
手札大嵐、ダンセルセンチ 墓地ホーネットなし
ダンセル召喚センチ装備、大嵐発動からマクロ2枚吹き飛ばしてからのリバイスでスノーマンを殴る。
返したと思ったのも束の間、トップでツアーガイドを引かれ負け。

五回戦:HERO
○×○

六回戦:ラギア
×○○

七回戦:HERO
×○○


初日は6-1で終了。ボーダーが2敗なのでとりあえず1敗は余裕のある状況で終われて一先ず安心。
ちなみに予選が終わったのが1時で、そこから部屋に帰り日本のお菓子を食べながらRyanと思い出トークしてました!

その日は3時には就寝し、次の日は朝から残りの予選をスタート

5日目
八回戦:インゼクター
○○

九回戦:暗黒界
○○

十回戦:ラギア
○××

十一回戦:ラギア
××

十二回戦:六武
○○

通算9-3 
4000人中120位くらいで、1勝届きませんでしたが、いろんな人が応援してくれて励ましてくれてすごく嬉しかったです。
日本からもたくさんの応援をいただいてありがとうございました!

以下日本人の結果です。
日本人は8人参加してそのうち2人が予選を通過しました!
おめでとう!

・ベスト64
鉄蟹
ブロッカー

予選落ち
・9-2-1
DADA
・9-3
タイチ
・9-4
A1
ジャガ
・ドロップ
若院
カナダ

デッキのシェアとしてはラギアが1番、その次にインゼクター・HERO・ゼンマイが多く他は暗黒界やカオスビートなどバラエティに富んでいたと思います。

そんな中、前評判を覆しターボ型の暗黒界が優勝したのはすごいと思います!

近いうち優勝者にコンタクトが取れればインタビューもやる予定です^^




そして、予選後が終わった後は色んな人とデュエルしたり、写真撮ったり、インタビューを受けたりしていました!
本当に多くの人に絡んでもらって超楽しい時間を過ごしました!

YCSは6時で閉会となり、12時の飛行機予定だったので
すぐにRyanファミリーが迎えに来てくれました。
その後空港までの間に、僕の好きなアメリカのレストラン「Cheese cake factory」
があったのでみんなで食事!
アメリカにいた頃と変わらないおいしさでした!
アメリカ行くことがある人はぜひ行ってみてください^^
f0152814_21562548.jpg


ご飯の後はそのまま空港へ降ろしてもらって、二日で3時間の睡眠だったため、飛行機の中では爆睡でした。


今回のYCSは前代未聞の4364人の参加。
普段の約4倍の参加者が突如現れたわけなんですが、アメリカのコナミの手際の良さにびっくりしました。
会場が足りないと思うや、すぐに会場を増やし、予選の時間が足りないと計算すると、会場の閉館時間をずらしてもらったりして
円滑な運営を成功させていました。
また多くのプレイヤーも運営に協力し、運営をみんなで支えていたことがとても印象的でした。
結果開始は3時間遅れたものの閉会は時間通り。素晴らしかったです。


僕としては、1年ぶりに世界中の友達に会え、同じ時間を共有できたことがすごく幸せでした!
何よりみんなが僕を覚えてくれていたことが非常に光栄で、遊戯王をやっていてよかったなと思いました。

大会結果は予選落ちと残念でしたが、今回のリフレッシュ旅行を120%楽しむことができたので大大満足です!

最後に「Bounty」の札と今回のプレイマット+サインの思い出の品の写真を貼ります。

長文読んでいただきありがとうございました!


f0152814_21521883.jpg

[PR]
# by taiti-yugi | 2012-03-29 21:52 | 大会レポ
f0152814_18344623.jpg生年月日
5月28日生まれ 18歳
出身国
U.S.A.
主な実績
地方予選 400人中4位(剣闘獣)
地方予選 400人中32位(植物シンクロ)

Youtube
You-gee-oh~












Q1. 「現在の使用デッキ」
植物天狗魔轟神・ハイビート
Q2「好きなカードは?」
カードブロッカー 収縮 銀幕のミラーウォール
Q3「好きなプレイヤーは?」
ビリーブレイク
Q4「宝物ってある??」
友達やファンからもらったカードが宝物よ。カードブロッカー、Spellstone Sorcerror Karood、日本語のブラックマジシャンガールね!
Q5「遊戯王をすること以外に好きなことってある?」
テレビゲームが大好きなの。ストリートファイターやキングオブファイターズのような格闘ゲームが好き!あとはアニメを見ることも好きよ。
Q6「遊戯王で手に入れた中で一番偉大だと思うものは?」
名誉ね。他の女性プレイヤーが私を尊敬してくれていることはとても嬉しいわ。彼女らが大会などに出るのに、私の姿を見て勇気を出してくれていることはすごく偉大なことだわ。
Q7「遊戯王をやっていてよかったなーと感じる時はどんな時?」
新しい「出会い」があったときね。私は小さな町に住んでいるから、同じ趣味を持った仲間と出会えることは私にとってすごく魅力的なことなの。
Q8「試合前に心がけていることってある?」
私は「カルマ」を信じているわ。だから、対戦相手にはフレンドリーに、そして親切にするようにしている。必ず試合を始める前に名前を聞いて握手をする。お互いにリラックスしてゲームを楽しまなきゃね!
Q9「OCGとTCGについて意見を聞かせてもらえるかな?」
私はOCGをプレイしたことないから応えるには難しい質問ね。OCGは「優先権」が無くなったけど、マスターヒュペリオンやダムド、ソーサラーといった環境を支配するカードが弱体化するのはいいことね!
Q10「OCGのカードの中で気になってるカードってある?」
ダイガスタフェニックスに興味があるわ。カエルとシーランサーデッキに入れたいわね!
Q11「日本のプレイヤーに一言!」
TCGとOCGは制限リストを共有しているけど全く違うものだわ。TCGはツアーガイドと天狗のゲームよ!OCGのデッキを組むのは面白いから好き。いつかそんなOCGをしているプレイヤーさんに会ってみたいわ!

今回は女性プレイヤーにインタビューをしてみました!

海外の大会に行くと、日本よりも多くの女性プレイヤーが楽しそうに大会に参加しているのをよく見かけます。

Jackieもその一人で、youtubeなどでの活動も積極的にやっているとても明るい子です。

デュエルが強いだけでなく、誰にでも親切なので、彼女にはファンがいっぱいいます。

女性ファンだけにとどまらず、男性からも人気があるのはすごいことです!

youtubeで彼女に質問等することができるので、日本の皆さんも絡んで行ってもらえれば

とても喜んでくれると思います。

最後に三つのSpecial Questionをしてみました!

Special Question1「いつ遊戯王を始めたの?」
一番最初に遊戯王を始めたときは小学校低学年の時だったわ。そして高学年になって一度やめた。復帰したのは、引っ越しをしてその作業の時に昔遊んでいたカード達に再び出会ったときね!その次の週にSJCサンフランシスコがあって、そこで見た光景は私を再び遊戯王の世界に引き入れたの!
Special Question2「一か月にいくらくらい遊戯王にお金を使う?」
普段はほとんどお金を使わないわ。大会のエントリーフィーの5ドルくらいね。もし何かが欲しくなったらオンラインカードショップで買うの。それでも一回に30ドルくらいしか使わないわね。
Special Question3「最初に大会に行くとき、怖くなかった?」
そんなに恐れはなかったわ。一番最初の地方予選では、多くのプレイヤーが彼氏彼女と来ているんだろうなと思っていた。そんな風に考えていたから、大会に足を運ぶのには物怖じしなかったわ。
[PR]
# by taiti-yugi | 2012-01-28 18:19 | インタビュー
f0152814_16463156.jpg生年月日
1990年7月15日生まれ 21歳
出身国
アメリカ テキサス州
主な実績
YCSトロント優勝
(植物シンクロ)
YCSコロンバス優勝
(植物シンクロ)









Q1. 「現在の使用デッキ」
インゼクターをテストしてるよ。
Q2「好きなカードは?」
Xセイバーエアベルン、スケープゴート、ダストシュートの3枚だね!
Q3「好きなプレイヤーは?」
僕が好きなプレイヤーはたくさんいるよ。でもみんな友達だから、特定の誰かを選ぶことはできないね。
Q4「宝物ってある??」
SJC賞品のデス・ヴォルストガルフだよ。
Q5「遊戯王をすること以外に好きなことってある?」
彼女と一緒にいること!
Q6「遊戯王で手に入れた中で一番偉大だと思うものは?」
これはダントツで友達。このゲームを通して世界中のいろんな人に出会ったよ。彼らは皆、僕にとってとても重要な存在さ。
Q7「遊戯王をやっていてエクスタシーを感じる時はどんな時?」
相手のやろうとしてることを読んで、それを自分がコントロールする。
そして勝利した瞬間の喜びは別格だね。
Q8大会前に心がけていることってある?
大会の前日は睡眠をちゃんととるようにしているよ。
Q9「OCGとTCGについて意見を聞かせてもらえるかな?」
僕はOCGをプレイしたことないから、残念ながら細かくコメントはできない。
でも、TCGとOCGは実際かなりかけ離れたゲームであって、比較できるような者ではないと思うんだ。
Q10「OCGのカードの中で気になってるカードってある?」
ラヴァルのカードだね!!すごく強力で魅力的だよ。
Q11「日本のプレイヤーに一言!」
日本の遊戯王にはいつもクレイジーなデッキと素晴らしいスリーブがあるね!今年の世界大会に出場して、日本のみんなに会えるのを楽しみにしてるよ!


Special Question 「YCSみたいな大きな大会で優勝するために一番大事なことってなんだと思う!?」
辛抱強くゲームをプレイすることさ。どんな状況でもサレンダーせず、ゲームを続けることが大事だと思うよ。絶対にチャンスはめぐってくる。だから最後まで諦めないことが一番大切だよ!


日本でビリーを紹介するにあたって、このコピペは外すことができないでしょう。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
・YCSベスト32に11度という実績持ち、本気を出したらついYCS連覇してしまった
・得意技はドロー、先行2ターン目までに5ドローと1サーチしたところで対戦相手は投了したことも(通常ドローは除く)
・ライブラリアンさえどうにかすればと思ったJustin Delhoは地砕きを発動したが、ライブラリアンの代わりにゴーズが死んでいた
・クリッターでサーチするのは当然増殖するG、増殖するGで増殖するGを引く
・手札を減らしたくないためか相手のダストシュートを感知し、優先権サイクロンで手札を3枚に保ったことも
・手札が増殖するGとスポーアしかなくても増殖するGで貪欲を引いてくる、しかも次のドローが増殖するG。当然勝つ
・相手が貪欲な壺を打ったら打ち返す
・増殖するGを打たれても3枚ぐらい相手に引かせ、自分が使えば増殖するGを使えば5枚引いて勝ってしまう
・ライオウは愛人、7試合中5試合初手にいるのは基本。愛が強すぎて逆に相手の場に現れたりする
・手札にReborn Tenguが三枚いるのは事故ではない、もちろん勝つ
・墓地に闇属性がいなくてもバルブを特殊召喚すればデッキから闇属性が墓地に落ちる
・代行天使がオネストを回収してクリスティアを特殊召喚しても、返しのターンでゲームを決める、しかも手札のシャイニングアブソーブは温存
・シンクロのし過ぎで1ターン目に貪欲を発動するのは当たり前、フィールドのReborn Tenguがすでに3枚目なことも
・ミスプレイはトップデッキで解決
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


こんな文章ができるくらいすごいビリーなんですが、実はずっと遊戯王を続けていて、何度も

上位に残るものの、大きな大会ではずっと優勝がなかったんです。

仲間内でも毎回上位で散るたびにいじられていました。

しかし、去年のトロントでの念願の優勝をきっかけに、まさかのコロンバスでのYCS二連覇!

USA遊戯王界での苦労人は、一つの勝利をもとに、一気にアメリカ最強の地位まで上り詰めました。

素晴らしいシンデレラストーリーですね。

今やスポンサーもつき、毎日記事を書いたりと大忙しのようです。

このインタビューも時間がない中で受けてくれました。

時間のない中で、ファンサービスを怠らない姿も素敵ですね。

前回ロサンゼルスで会った時も、今年は代表になって日本のプレイヤーに会いたいと言っていたので、
今年こそは世界大会に出場して、世界大会で大暴れしてくれるように願いたいですね。
[PR]
# by taiti-yugi | 2012-01-14 16:53 | インタビュー
f0152814_1147946.jpg生年月日
1993年3月26日生まれ 18歳
出身国
シンガポール
主な実績
2009年世界大会優勝
(BF)
2009年シンガポール選考会優勝
(BF)
2008年シンガポール選考会4位
(ライトロードマスドラ1キル)



Q1. 現在の使用デッキ
代行天使・インゼクター・ジャンクドッペル
Q2「好きなカードは?」
モンスターならグランモール、魔法ならもちろん大嵐!罠は神の宣告だね。
Q3「好きなプレイヤーは?」
She Wei Haoという台湾のプレイヤーだね。世界大会で3度もベスト8に入っているんだ!
Q4「宝物ってある??」
2009年の世界大会優勝のトロフィーだね。
Q5「遊戯王をすること以外に好きなことってある?」
テニスとバスケットボール。ナイトクラブで遊ぶこと!
Q6「遊戯王で手に入れた中で一番偉大だと思うものは?」
2009年の栄光だね。
Q7「遊戯王をやっていた中でよかった思い出は?」
引きがすごく強くて勝てたとき、自分の戦術通りにゲームが進んだ時かな!
Q8「遊戯王強くなりたい!」そんな人にアドバイスを!
すべての環境上のデッキと対戦すること、自分のプレイスタイルに合ったデッキを見つけること、サイドデッキをすべてのデッキに合わせられるように構築すること。そして嫌になるほど練習することだね!笑
Q9「OCGとTCGについて意見を聞かせてもらえるかな?」
どちらも長点、欠点があると思う。
Q10「OCGのカードの中で気になってるカードってある?」
日本のBE2に入ってる、ハート背景のリリーが好き!
Q11「日本のプレイヤーに一言!」
自分が成功するということをいつも信じるんだ。
もし君の調整が正解だったならば、チートに頼ることなく、素晴らしい結果を残せると思うよ!



2009年、猫一強と言われていた環境で見事BFで世界大会を優勝したBenjamin

会場が日本でしたので、日本のプレイヤーでも彼を知る者は少なくないと思います。

彼はとても誠実で、真っ直ぐ努力をするプレイヤーです。

Q11の答えにもあるように、チートがすごく嫌いで、そういうことを耳にするたびに

ショックを受けています。

プレイスキルだけでなく、そういう部分でも、彼もまた世界王者にふさわしい器なのかなと思いました。

そんな彼に現在のシンガポールの遊戯王事情をきいてみました!

Special Question1「日本ではたくさんの公認、非公認大会があるけど、シンガポールはどんな環境で遊戯王をしているの?」
シンガポールでは週に2~3のの非公式大会があって、大体どれも20人前後が参加しているよ。どれも参加費は大体600円くらいだね。大会の賞品は、8枚のカードがお店側によって用意されていて、順位の高いものから順番に選んでいくんだ。
お店ががんばって大会をして盛り上げてくれているよ!

Special Question2「同じOCG圏だけど、シンガポールのカードプールってどうなってるの?」
公式大会だと、OCGのカードしか使えない。そして本やDT付属などのプロモカードは一切使えないよ。だから僕らの選考会にはゴーズやライオウが存在しないんだ。
逆に非公式の大会だと、OCG、TCGどちらのカードも使える。
だから普段の大会では、いきなりツアーガイドが召喚されてアシッドゴーレムが出てきたりするんだ笑
ただ、シンガポールで手に入らない米版のカードやDTのカードを持っている人がすごく少ない。そういうカードは、シンガポールに少しだけしか入ってこないから、お金があっても手に入れる方法がほとんどないんだ。

Special Question3「シンガポールから代表になるにはどうやってなるの?」
シンガポールでは、年に二回大きな公式大会があるんだ。
一つはアジアチャンピオンシップでもう一つは選考会。
選考会で、世界大会の代表を決めるんだ。
参加者は130人くらいだね。
大会では、5回戦スイスの後にベスト8がトーナメントをして、優勝者のみが世界大会に行く権利を手にする。とても狭き門なんだ。

Special Question4「シンガポールのプレイヤー層ってどんな感じ?」
基本的にほとんどが昔から続けている人で、そういう人はみんな毎週大会に出て続けているよ。 だけど、これから遊戯王を始める!って人はなかなかいないのが現状なんだ。



シンガポールの遊戯王事情、日本よりもかなり複雑ですね。

普段の大会ではTCGOCGすべてのカードが使えるのに、公式大会ではOCGプールの中で

DTやプロモは使用禁止という大きな制約が設けられています。

普段の大会と選考会はほとんど別の環境になってそうですね。

遊戯王をする環境は違えど、日本もシンガポールも世界王者を生んでいる国です。

同じアジア圏の中で、これからも一緒に切磋琢磨していきたいですね!
[PR]
# by taiti-yugi | 2012-01-07 11:54 | インタビュー